ふるさと納税の仕組みを知って寄附を始めてみませんか?

ふるさと納税をやってみたいけど仕組みがよくわからなくて、まだ手を出せていない方って多いのではないでしょうか?
そんな方にふるさと納税の仕組みをお伝えしていきたいと思います。
ふるさと納税は買い物ではなく寄附なのでちょっとややこそうなイメージがりますよね・・・。
しかし、通販感覚で寄附を行えるサイトやワンストップ特例制度など寄附から申告まで簡単にできる仕組みがありますから一度はチャレンジしないともったいない気がします。
それでは、早速ですが仕組みについてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税とは

ここ最近、テレビで話題に上がることも多いので知っている方もいらっしゃると思います。
ふるさと納税とは自治体に寄付すると、寄付額から自己負担金を差し引いた分を所得税・住民税から還付・控除が受けられる制度です。
また、自治体から返礼品も送られてくるので寄附をした上に美味しいものや素敵な体験をすることも出来ます。

新制度について

2019年6月1日からは返礼品は「地場産品」で「還元率3割」というルールが制定されました。
現在、総務省からの通知に従わなかった数自治体がふるさと納税の対象外になっています。

返礼品

返礼品には肉・米・果物などの人気の食べ物から宿泊券・感謝券・クーポン券などの旅行に関するものがあります。
ふるさと納税をい受付しているサイトのふるさとチョイスでは、寄付した自治体でキャッシュレス決済のように使える電子感謝券が取り扱われています。
佐賀牛や神戸牛などの良いお肉が、自己負担金2,000円で貰えるというのは魅力的ですね。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の流れは大きく分けると下記の4つのようになります。
ここでは、それぞれの項目についてご説明していきたいと思います。

控除上限額を調べる

ふるさと納税は住民税・所得税から控除・還付が受けられる制度ですが、控除される額には上限があります。
控除額を超えてしまった分は普通の寄附になりますから、控除対象にはなりません。
また、控除額は年収や家族構成で決められていますので、必ず確認するようにしましょう。
ふるさと納税を受け付けているサイトの控除シミュレーターや総務省にもあります控除目安表で控除額の目安を確認できます。

ふるさと納税サイトや自治体のサイトで寄附を行う

最近では、「ふるさとチョイス」や「ふるなび」といったサイトがテレビCMを行っていますのでご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ふるさとチョイスやふるなびは寄附が申し込めるサイトで通販サイトのような感覚で使うことができるサイトです。
寄附なので普通のショッピングよりも確認項目はありますが、このようなサイトを使うと簡単にふるさと納税を行えるので便利です。
ふるさとチョイスは返礼品の取り扱いが一番多かったり、ふるなびではアマゾンギフト券がもらえたり、楽天ふるさと納税では寄附を行うと楽天ポイントがついてきたりなどサイトによって独自のお得なサービスを展開していますので、ぜひお気に入りのサイトを見つけてみてください。

返礼品と受領証明書が届く

災害支援など返礼品をもらえない寄附もありますが、大抵の場合は寄附を行うと返礼品と受領証明書が届きます。
返礼品は物にもよりますが、1~2ヶ月の期間が多いと思います。
定期便の返礼品であれば、3ヶ月に一度などになります。
一緒に届く受領証明書は確定申告を行う際に必要な書類になりますので、大切に保管しておきましょう。

確定申告 or ワンストップ特例制度の申請。

ふるさと納税を行って控除・還付を受けるには確定申告を受ける場合は税務署、ワンストップ特例制度を受ける際は寄附を行った自治体に申告をする必要があります。
申告を行わないと寄附をしたことになりませんので忘れずに行いましょう。

確定申告とワンストップ特例制度の違いは下記記事で読めますので是非読んでみてください。

ふるさと納税の控除が年末調整出来ない理由や控除を受けるための手続きをご紹介

また、ワンストップ特例制度に関しては下記記事で詳しく説明しております。

ふるさと納税の手続きを簡単にできるワンストップ特例制度とは?

寄付金の使い道

ふるさと納税は税制度の中でも自然保護や環境保全、スポーツや公共設備といった唯一使い道を選べる制度になっています。
ふるさとチョイスでは使い道別で寄附先を探すこともできるので大変便利です。
もう一つ使い方を選ぶ手段として、ガバメントクラウドファンディングというものがあります。
ガバメントクラウドファンディングは使い道が詳細に決められているプロジェクトに寄附を行う仕組みになっており、こちらもふるさとチョイスで寄附ができます。

まとめ

一度やってしまえば意外と簡単なふるさと納税。
やらないほうがもったいないですよね?
なくしてはイケナイ書類や申告をしないとそもそも控除が受けられないなど、注意しなければならない項目もありますが
自己負担金2,000円で良いお肉が食べれますので是非頑張ってみてください!
ふるさと納税は寄付者にも自治体にもデメリットが少ない仕組みになっていますので、活用していきたい制度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です