食費を少しでも浮かせたい人はふるさと納税を使ってみるのはどうだろう?

ここ最近野菜の値段も上がってきて、食費をちょっとでも浮かせたいを考えている方もいると思います。
そこで、ぜひ考えてほしいのがふるさと納税です!
ふるさと納税は寄附をすると返礼品がもらえて、さらに住民税・所得税から控除・還付が受けられるお得な制度。
お米やお肉・野菜といった返礼品も寄付額10,000円でもらうことが出来ます。
今回はふるさと納税を使うと食費が浮くのかどうなのかを考えてみたいと思います。

ふるさと納税の仕組みについて

ふるさと納税は自治体に寄付した代わりに、寄附を行った翌年の住民税・所得税から寄付額から自己負担金を差し引いた額が控除・還付が受けられる制度です。
それだけであれば、普通の寄附になるのですが寄附を行うとほとんどの自治体から返礼品が貰えるのでとてもお得です。
ふるさと納税を受け付けているサイトも複数あるので、特典や取り扱っている返礼品で選べるのも魅力です。

もっと詳しく制度の仕組みを知りたい方はこちらの記事もぜひ読んでみてください。

ふるさと納税とは何か、制度や限度額まで徹底解説!!

ふるさと納税で食費を浮かすとは?

ふるさと納税を行うと返礼品として地場産品が貰えるのは知っている方も多いと思います。

それがなぜ食費と関係があるのでしょうか?
それは、返礼品の中にはお米やお肉といったよく食卓に並ぶ返礼品も多くあるからです。

年収が高くないと得しないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。
還元率3割のルールですから寄付額1万円であれば、3,000円の返礼品になります。
それが自己負担金2,000円で手に入るので1000円はお得なことになります。

またお肉によってはメガ盛りの返礼品もあるのでお得感は更に増すと思われます。
食費の面で見てもふるさと納税は見逃せない制度なのです。

米で考えるとこういう事

実際、ふるさと納税を使って食費が浮くかをお米を例に考えてみたいと思います。
普通に売られているお米10kgだと、だいたい3,000円前後だと思います。
3,000円のお米を1ヶ月1回買うとすると1年で

3,000円✕12回 = 36,000円

になります。
ここで1回ふるさと納税の返礼品でお米をもらうとすると

3,000円✕11回 + 2000円✕1回 = 35,000円

となります。
ここで見た感じだと1000円しか浮いてないじゃん!と思う方もいらっしゃるかもしれません。
確かに浮いた金額は1,000円なのですが、ふるさと納税は住民税・所得税から控除・還付が受けられる制度です。
なので、2,000円で3,000円のお米がもらえて税金が安くなると考えるとお得ではないでしょうか?

1万円前後で貰える嬉しい返礼品

ここでは、1万円前後の寄附で貰える返礼品を紹介していきます。

豊後牛 100% 粗挽き 生ハンバーグ 160g×8個

大分のブランド牛である豊後牛を使ったハンバーグ。
肉感があり、ステーキのような食感です。
真空個包装なので調理の手間が省けるのも便利ですね。

返礼品ページはこちら
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/44208/4682285

新米 コシヒカリ(特別栽培米)10kg

コシヒカリの新米10kgも返礼品で手に入ります!
農家から直送なので混じり物のない純粋なコシヒカリが届くとのこと。
主食のお米がふるさと納税で貰えるのはありがたいですよね。

返礼品ページはこちら
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/24204/4684534

合志の旬のお野菜セット

最近、値上がりの激しいお野菜ですがふるさと納税なら旬なお野菜が返礼品でもらえます!
実際届いたお野菜も大きくて新鮮。
この返礼品が届いた寄付者の方も大満足してるようです。
値段で野菜の購入を迷っていた方は、ふるさと納税を活用してみるのはいかがでしょう?

返礼品ページはこちら
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/43216/173096

返礼品はお肉やお米だけじゃない!

今回はおかずや主食になるのもをご紹介していますが、返礼品はお肉やお米だけではありません。
ブルーシールのアイスクリームやカステラ・ゼリーといったお菓子類からジュースやコーヒーなどの飲み物も豊富です。
こういったデザート類は食費から一番最初に削られていくのではないかと思いますが、ふるさと納税で手に入るならちょっとした贅沢タイムのために地場産品のいいお菓子をもらうのもいいですよね。
普段とはちょっと違うデザートをもらうのもアリなのではないでしょうか。

まとめ

ふるさと納税は年収が高いほど得をする制度ではありますが、自己負担金2,000円で地元の美味しそうな特産品が貰えるのでどんな方でもお得であることに違いはないと思います。
また、寄附をする時に自治体の何に税金を使ってほしいかを選ぶこともできるので他の税金と違い使い道が見えるのもいいですよね。
ふるさと納税は申告をしないと控除や還付が受けられないので、その部分には注意しましょう。

ふるさと納税の仕組みについてはこちらの記事もぜひ御覧ください。

ふるさと納税の仕組みを知って寄附を始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です