スマホでふるさと納税をするなら絶対に使いたいアプリ5選!

今やほとんどの方がスマホアプリでの買い物を楽しんでいると思います。
しかし、買い物をする際webサイトだとなんだか読み込みのページが多くて使いづらい事ってありませんか?

ふるさと納税も徐々にではありますが、アプリで寄附ができたり最新情報がわかるニュースアプリが出てきています。
更に電子感謝券をキャッシュレスのように使えるアプリなんかもリリースされているのです。
ここ最近スマホの普及により、PCをお持ちでない方も多いですからアプリの登場はすごく便利になると思います。
PCがなくてふるさと納税を始められていなかった方も、これを期に始められてはいかがでしょうか?

それでは早速ふるさと納税のアプリについてご紹介していきたいと思います。

どんなふるさと納税アプリがあるのか?

ふるさと納税のアプリといっても種類は様々です。
ニュース系のアプリやネットショッピングのように寄付ができる物、クイズでふるさと納税の基礎を学べるアプリもあります。
ふるさとチョイスでは、電子感謝券と呼ばれる寄付先でキャッシュレスのように使える返礼品があるのですが、こちらもアプリから起動し決済に使うことが出来ます。

ふるさと納税アプリを使ったほうが便利?

サイト自体の表示は変わらないものの、アプリの方がマイページに行きやすかったりランキングをすぐに見れたりするので使い勝手に関してはアプリの方が一歩リード。
ふるさと納税の情報を集めるにしても色々なサイトから検索するのも面倒です。
そういう時はふるさと納税ニュースを使ったほうがふるさと納税に関するニュースを一気に見れるので便利ですし、ちょっとしたスキマ時間に情報収集したい方にはオススメです。

また、ふるさとチョイスが行っている電子感謝券のようにアプリを使って使用する返礼品もあります。

ふるさと納税でもアプリを使ったほうが便利で使い勝手が良さそうですね。

ふるさと納税アプリの詳細

ここからは現在配信されているふるさと納税のアプリについてご説明していきます。

ふるさとチョイス

ふるさと納税を大手サイト「ふるさとチョイス」のスマホアプリ
こちらのアプリはふるさとチョイスで取り扱われている返礼品を選んで寄附することができます。
また、ふるさとチョイスのアカウントをお持ちの方でログインした状態であれば自治体の返礼品が更新されたときなどに通知を受け取れます。

ふるさとチョイス電子感謝券

こちらもふるさとチョイスから出されているアプリです。
内容はふるさとチョイスアプリと少々異なります。
こちらは電子感謝券のみが扱われおり、寄付して得た電子感謝券をすぐに使うことが出来ます。

楽天市場

楽天市場のアプリはふるさと納税専用のアプリというわけではないのですが、寄附を行うことは可能です。
楽天ふるさと納税は楽天での買い物と同じようにポイントを貯めることも使うこともできる為、普段楽天でお買い物されている方であればとても便利だと思います。

ふるさと納税ニュース

こちらはふるさと納税のニュースに特化したアプリで、ふるさと納税の最新情報がほしい方にはおすすめのアプリです。
掲示板も備わっていますからコミニュケーションを取ることも出来ます。
返礼品を探す項目もありますが、こちらは外部サイトに飛ばされる仕様になっています。

ふるさと納税入門

ふるさと納税入門はクイズ形式でふるさと納税のことを知ることができるアプリ。
クイズは初級編と上級編に分かれており、初級をクリアしても上級でより深く学ぶことができます。
寄付額シュミレーターもついているのでご自身の控除額を知ることもできるのですが、年収目安が300万円からしか選べないのでそれ以下の方で知りたい場合は別のサイトで見る必要があります。
ふるさと納税入門アプリにも返礼品を申し込むというボタンがありますが、こちらも外部サイトに飛ぶ仕様になっています。

ふるとく

ふるとくは返礼品の還元率ランキングなどの情報が豊富なニュースサイトでAndroidのみですが、アプリが配信されています。
ちょっとでもお得な寄附を行いたいと思っている方には、オススメのアプリです。

ふるさと納税ナビ

ふるさと納税ナビはコスパや高還元率の返礼品を紹介しているサイトで、Androidのみアプリがあります。
スキマ時間でさくっとコスパのいい返礼品を見つけたいとお考えの方には使いやすいアプリだと思います。

ふるさと納税アプリが使える機種について

アプリ名 iphone android
ふるさとチョイス
ふるさとチョイス電子感謝券
楽天市場
ふるさと納税ニュース
ふるさと納税入門
ふるとく
ふるさと納税ナビ

まとめ

ふるさと納税のアプリ紹介はいかがだったでしょうか?
まだまだアプリの数は少ないですが、返礼品の情報がほしい時はアプリの方が利便性は上がると思います。

アプリによってはAndroidのみ、iphoneのみとどちらにしかないアプリもあるので、
お使いの端末を確認してインストールを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です