年収いくらでふるさと納税できるのか?シミュレーターや目安表を使って調べてみた。

ふるさと納税はお好きな自治体に寄附することで、
返礼品がもらえて住民税や所得税の控除や還付が受けられるお得な制度です。
ただ、控除を受けるにも控除上限額を知らなければ損してしまうことも・・・。
でも、年収はわかるけど、どれくらい控除されるのかはわからない方もいらっしゃるかと思います。
そんなときに便利なのが控除額がわかる目安表シミュレーターです!
ふるさと納税を受け付けているサイトであれば置いてあるシミュレーターは簡単な入力で寄附額を教えてくれてとても便利なんで!!
今回は、目安表についてやシミュレーターの使い方から
ふるさと納税と年収の関係や寄附額10,000円で手に入る返礼品などをご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税でいう年収とは?

ふるさと納税は自治体に寄付することで住民税所得税から控除還付を受けられます。
では、なぜふるさと納税に年収が関係するのでしょう?
それは、住民税も所得税も年収を元に計算されているからなのです。
なので、シミュレーター目安表を使う際は年収の情報が必要なんです。
また、家族構成も目安を見る条件となりますが、これは扶養家族に関係しており、年収にかかわってくるからなのです。

控除額の目安について

ふるさと納税を行う上で、上限額は知っておきたいですよね?
上限を超えてしまった分は本当の寄附になってしまうので、そんなつもりじゃなかった!ってことにならないようにする為にも知っておきましょう。
では、どうやって上限額を知るのかをここでは説明していきたいと思います。

目安表

総務省やふるさと納税を受け付けているサイトであれば下記のような目安表が置いてあります。
この表で年収や家族構成など自分に合った条件の控除額がおおまかではありますがわかります。
ただ、あくまで詳しくはお住いの自治体に問い合わせるのがより正確でしょう。

ふるさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き※1 夫婦※2 共働き+子1人(高校生※3 共働き+子1人(大学生※3 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000 19,000 19,000 15,000 11,000 7,000
325万円 31,000 23,000 23,000 18,000 14,000 10,000 3,000
350万円 34,000 26,000 26,000 22,000 18,000 13,000 5,000
375万円 38,000 29,000 29,000 25,000 21,000 17,000 8,000
400万円 42,000 33,000 33,000 29,000 25,000 21,000 12,000
425万円 45,000 37,000 37,000 33,000 29,000 24,000 16,000
450万円 52,000 41,000 41,000 37,000 33,000 28,000 20,000
475万円 56,000 45,000 45,000 40,000 36,000 32,000 24,000
500万円 61,000 49,000 49,000 44,000 40,000 36,000 28,000
525万円 65,000 56,000 56,000 49,000 44,000 40,000 31,000
550万円 69,000 60,000 60,000 57,000 48,000 44,000 35,000
575万円 73,000 64,000 64,000 61,000 56,000 48,000 39,000
600万円 77,000 69,000 69,000 66,000 60,000 57,000 43,000
625万円 81,000 73,000 73,000 70,000 64,000 61,000 48,000
650万円 97,000 77,000 77,000 74,000 68,000 65,000 53,000
675万円 102,000 81,000 81,000 78,000 73,000 70,000 62,000
700万円 108,000 86,000 86,000 83,000 78,000 75,000 66,000
725万円 113,000 104,000 104,000 88,000 82,000 79,000 71,000
750万円 118,000 109,000 109,000 106,000 87,000 84,000 76,000
775万円 124,000 114,000 114,000 111,000 105,000 89,000 80,000
800万円 129,000 120,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000
825万円 135,000 125,000 125,000 122,000 116,000 112,000 90,000
850万円 140,000 131,000 131,000 127,000 121,000 118,000 108,000
875万円 145,000 136,000 136,000 132,000 126,000 123,000 113,000
900万円 151,000 141,000 141,000 138,000 132,000 128,000 119,000
925万円 157,000 148,000 148,000 144,000 138,000 135,000 125,000
950万円 163,000 154,000 154,000 150,000 144,000 141,000 131,000
975万円 170,000 160,000 160,000 157,000 151,000 147,000 138,000
1000万円 176,000 166,000 166,000 163,000 157,000 153,000 144,000
1100万円 213,000 194,000 194,000 191,000 185,000 181,000 172,000
1200万円 242,000 239,000 232,000 229,000 229,000 219,000 206,000
1300万円 271,000 271,000 261,000 258,000 261,000 248,000 248,000
1400万円 355,000 355,000 343,000 339,000 343,000 277,000 277,000
1500万円 389,000 389,000 377,000 373,000 377,000 361,000 361,000
1600万円 424,000 424,000 412,000 408,000 412,000 396,000 396,000
1700万円 458,000 458,000 446,000 442,000 446,000 430,000 430,000
1800万円 493,000 493,000 481,000 477,000 481,000 465,000 465,000
1900万円 528,000 528,000 516,000 512,000 516,000 500,000 500,000
2000万円 564,000 564,000 552,000 548,000 552,000 536,000 536,000
2100万円 599,000 599,000 587,000 583,000 587,000 571,000 571,000
2200万円 635,000 635,000 623,000 619,000 623,000 607,000 607,000
2300万円 767,000 767,000 754,000 749,000 754,000 642,000 642,000
2400万円 808,000 808,000 795,000 790,000 795,000 776,000 776,000
2500万円 849,000 849,000 835,000 830,000 835,000 817,000 817,000

※1
「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が201万円超の場合)
※2
「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。
※3
「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。
※4
中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

引用元:総務省

シミュレーターについて

目安表とは別にもう一つ参考になるのが、控除シミュレーターです。
給与収入と家族構成、寄附金額を入力して控除額を算出します。
入力方法は様々ですがエクセルのシートをダウンロードして使うようなものや、サイト内にページが存在するものなど様々です。
また、源泉徴収の内容がわかる方であれば、より詳細に控除額を知ることができます。

※上の画像はふるさとチョイスのシミュレーター

シミュレーションができるサイト

シミュレーションができるサイトは大きいところだと、

ふるさとチョイス
ふるなび
さとふる
楽天ふるさと納税

になるかと思います。

どのサイトも詳細版とかんたん入力版などに分かれていて、
シミュレーション結果を保存してくれるようです。
あとは、今後寄附したい自治体を取り扱っていそうなサイトを選ぶと便利になりそうですね。

年収はいつのもの手取り年収?

ふるさと納税の控除額は年収で計算されるのですが、
額面年収なのか手取り年収なのかってよくわかりませんよね?
ここでは、それぞれの違いとどちらで計算されるかをご説明いたします。

額面年収と手取り年収の違い

額面年収

額面年収は、1年間に貰った給与の総支給額のことで、一般的に使われる「年収」はこちらを指します。
基本給、税金、社会保険料、各種手当、残業代、ボーナスなどを全て含んだ金額です。
手取り年収と区別するために使われる呼称と言えるでしょう。

引用元:ハタラクティブ

手取り年収

一方、手取り年収は1年間に貰った給与の総支給額から、税金や社会保険料を差し引いた金額を指します。
つまり、自分の手元に実際に残るのが手取り年収です。

引用元:ハタラクティブ

額面年収と手取り年収の違いは上記のようになるようです。
この違いを知っていないと寄附額が大きく変わってしまう場合もあるので、ここは気をつけたいところです。

計算は額面年収で行います。

ふるさと納税の控除額の計算は、額面年収で行われます。
いわゆる、給与の総支給の事です。
ここを手取りで計算してしまうと総支給より少なくなってしまうので、
控除される金額も少なくなってしまいます。
目安表やシミュレーターを使う際は注意しましょう。

いつの年収を計算するの?

ふるさと納税で寄附をする場合、寄附を行う年の1/1~12/31までの年収で計算されます。
なので、2019年に寄附しようとお考えの方は2019年1/1~12/31の年収で控除額を計算します。
ただ今年の年収はわからないと思いますので、前年の年収を元に計算するといいでしょう。

また、控除の時期は所得税は寄附を行った年の税金が還付され、
住民税は翌年の6月以降の納税額が減税となります。

年収200万円で寄附できる金額は?

実際に年収200万円ならどれくらいの寄附額の返礼品に寄附ができるが見ていきましょう。年収200万円は目安表の方には載っていませんので、シミュレーターを使いたいと思います。

シミュレーターを使った結果

こちらは、ふるさとチョイスのシミュレーターを使って出した寄附額の目安となります。
年収200万円で独身または配偶者控除のない夫婦なら15,000円以内であれば
自己負担金2,000円で寄附することが可能です。

この寄附額で寄附できるの返礼品

寄附額は15,000円ですが目安である為、10,000円で寄附できる返礼品をご紹介したいと思います。

【ふるさと納税】カフェ&旬菜レストラン歩絵夢のペアランチ

↓↓返礼品ページ↓↓
https://item.rakuten.co.jp/f272167-kawachinagano/15026-30013165/

自然豊かな奥河内で取れた新鮮な野菜とお米、地下40mから汲み上げたミネラルたっぷりの金剛山系の天然水をふんだんに使って調理しています。
ワンプレートに所狭しと盛られた大満足のランチと8時間かけて水出しされる美味しいコーヒーがおすすめです。
緑の森の中で美味しい空気と美味しい料理をゆったりと味わってください。
[ペアランチ]メインプレート(内容は日替わりです)・ライス・スープ・コーヒー・デザート 各2名様分

引用元:楽天ふるさと納税

 

青木松風庵 バウムクーヘン3箱

↓↓返礼品ページ↓↓
https://item.rakuten.co.jp/f272329-hannan/14200-30013260/

幸せを贈るということ。
繁栄を意味するバウムクーヘンは引出物や創業記念、式典の記念などの御祝い事にぴったりな贈り物です。
松風庵のバウムクーヘンは新鮮な卵を使用し、しっとりと一層一層丁寧に焼き上げたこだわりのお菓子です。
搾りたてのオレンジとレモンに、フランス製の最高級オレンジリキュール「ソミュール」の香りが爽やかな逸品。

引用元:楽天ふるさと納税

 

☆大容量☆国内産豚ウデ肉・豚モモ肉スライスセット

↓↓返礼品ページ↓↓
https://item.rakuten.co.jp/f454061-tsuno/5802-60000245/

圧倒的ボリューム(合計 4.5kg!!)
国内産の豚ウデ肉・豚モモ肉をスライスして返礼品としてお届けいたします♪
【国内産豚ウデ肉スライス】
脂肪が少なくしっかりとした旨みがあります。
【国内産豚モモ肉スライス】
赤身が中心で低脂肪のあっさりした味わいが特徴です。
炒めものや、豚肉を使ったすき焼き、肉巻き寿司などその他様々なお料理に活躍すること間違いなし!!
さらに!!大ボリュームの450g×10パック
「合計4.5kg」でお届け!!
ご満足いただける自信があります!!
さらにさらに!!使い勝手のよい450gの小分けパックでお届けいたしますので、食べたいときに、使いたい分だけ使用できるのも人気の秘密です。

引用元:楽天ふるさと納税

 

あしずり黒潮米5kg

↓↓返礼品ページ↓↓
https://item.rakuten.co.jp/f392090-tosashimizu/l-14/

【平成30年度産】
宗田節で育てた、土佐清水だから出来たお米です!!
◎地元で加工した宗田節を肥料に
節をつくる時に出る余った部分も、魚粉などにして使っています。地元で加工した名産物が、お米の甘みをひきだしてくれるのです。
◎黒潮のにがりで、食味がアップ!
食味と食感を良くするためには、ミネラルが大切。あしずり黒潮米の田んぼには、土佐湾でとれたにがりを撒いています。
◎農薬・化学肥料を節減 農薬と化学肥料の使用量を高知県農産物栽培慣行基準の5割にまでおさえて栽培したお米です。
事業者:JA高知はた三崎支所

引用元:楽天ふるさと納税

 

先行予約!ご家庭用南城市産アップルマンゴー2kg

↓↓返礼品ページ↓↓
https://item.rakuten.co.jp/f472158-nanjo/ja03/

ご自宅用アップルマンゴーです。
キズや色ムラはありますがセンサーを使用して選別しているので味は格別です!

引用元:楽天ふるさと納税

ご紹介した返礼品は、寄附額が10,000円程度のものになりますが、いかがでしょうか?
寄附額10,000円付近はふるさと納税の中でもお手頃な方でいろいろな自治体が出品しています。
これから、ふるさと納税を始める方や寄附額があまり高くなくても、
とっても美味しそうな地場産品が手に入れられます。

どれくらいの年収があればふるさと納税ができるか?

お得なふるさと納税ではありますが、一体年収がいくらあれば恩恵が受けられるのでしょうか?ここで、恩恵が受けられる年収などを書いていきたいと思います。

年収150万円あればふるさと納税はできる

ふるさと納税は住民税や所得税から控除や還付を受ける制度ですので、
住民税が発生しない年収100万円以下の方ですと、ふるさと納税をすることができません。
また目安表を見ていると150万円が最低限の年収のようです。
もし、扶養に入られている奥さまであれば旦那さんの枠でふるさと納税をすることは可能です。

家電を狙うなら年収は1,400万以上が必要

150万円が最低限のラインとお伝えしましたが、地元の食べ物じゃなく
生活に便利な家電製品がほしい!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
家電製品は高額なものが多く、生活家電で5万円ほどからパソコン・タブレット類になると10万円を超えてきます。
これらを返礼品で手に入れるのであれば、年収600~1500万円以上は必要になってきます。

まとめ

・寄附額は額面年収によって計算する。
・ふるさと納税はお金持ちじゃないくても得をする。
・家電製品を狙うのであればそれなりに年収が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です