楽天ふるさと納税はスーパーポイント還元でかなりお得にできるんです!

ふるさと納税という言葉は聞いたことあるけど、
やって見たくても何をしたらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。
そんな方に今回ご紹介したいのが、『楽天ふるさと納税』です!
ふるさと納税とは書いてありますが通常の楽天市場と同様にお買い物できてしまいます!
しかも!買い物マラソンの対象にすることもできますし、楽天会員であればスーパーポイントの付与も受けられます。
さらに楽天ポイントで納税することもできちゃいます
また、控除金額シミュレーターもありますから上限額を簡単に計算できるのもうれしいポイントではないでしょうか。
楽天ふるさと納税はとっても便利なサービスなので詳しくご紹介させていただこうと思います。

楽天ふるさと納税とは?

楽天ふるさと納税とは、楽天が運営しているふるさと納税サービスです。
楽天の会員であれば楽天スーパーポイントなど
楽天市場と同じような特典を受けることもできます。
現在、楽天会員の方のみならずこれからふるさと納税を始めようと思っている方にもぜひチェックしていただきたいサービスなので、更に詳しく楽天ふるさと納税について説明していきたいと思います。

楽天が運営しているふるさと納税サービス

楽天ふるさと納税は通販大手の楽天が運営しています。
ですので、楽天市場のようにネットショッピングでの手続きでふるさと納税ができてしまいます!
納税したお金が何に使われたかもふるさと納税の活用事例のページで紹介されているので、
安心ですよね。

楽天会員だとスーパーポイントが付与される

楽天会員でなくとも、寄附することが可能ですが
なんと会員であれば楽天スーパーポイントを貯めることができるんです!
ふるさと納税で税金が控除されるだけでなく、ポイントまでもらえるのは楽天ならではのサービスですね。

楽天ふるさと納税を選ぶ理由は?

楽天ふるさと納税のサイトでは、寄附上限額がわかるシミュレーターがありとても便利です。
それだけではなく、楽天スーパーポイント楽天スーパーセール買い物マラソンなどのセール期間などを使えば
お得にふるさと納税を行うこともできちゃいます!
さらに話題の泉佐野市の返礼品の取り扱いもありますから、ふるさと納税に興味がある方は楽天で始めてみるのもアリかもしれないです!
それでは、各項目についてご説明していきます。

シミュレーターを使えば限度額の計算も簡単!

控除金額のシミュレーターに年収や家族構成を入力するだけで、
寄附上限額だけではなく控除額や自己負担額を調べることができます。
また、控除金額の目安表やモデルケースを紹介しているページもありますので、
おおよその予測を立てて、納税することが可能です。

楽天スーパーポイントが使えてお得

楽天会員になっていれば、楽天スーパーポイントを貯めることができます。
ポイントを貯めることができるということは・・・。
そう!税金を納めるのにポイントを使うこともできてしまうんです!
こんなにお得な納税があっていいのか・・・。
と思いますが、『納税』と『お買い物』は違うので違いが分かった上で利用しましょう!

楽天ふるさと納税も買い物マラソン・スーパーセールの対象に

楽天ふるさと納税は『納税』ではあるのですが、
なんと嬉しいことに買い物マラソンや楽天スーパーSALEの対象になります!
ということは、納税時に還元されるポイントがさらに増えるので納税が安くなるのです!!
しかも、溜まったスーパーポイントはふるさと納税に使用することができますから、
スーパーSALE期間中を狙わない手はないですよね!

話題の泉佐野市の返礼品もあるんです!

楽天でもふるさと納税日本1位の自治体『泉佐野市』の返礼品も数多く取り扱っています!
ビールやお肉、お野菜や桃などかなり豊富に取り扱われているので返礼品選びもすごく悩んでしまいます。
また、泉佐野市ではなくランキングで人気の返礼品を探すこともできますし返礼品別・自治体別からも探すことができるので選びやすいのもポイント高しです!

楽天ふるさと納税のメリット・デメリットは?

楽天ふるさと納税のメリットは、やはり普段のお買い物のように楽天スーパーポイント楽天会員情報がそのまま使えてしまうこと!
普段のお買い物のように納税できるのは、ふるさと納税に興味を持たれたばかりの方には始めやすいのではないでしょうか?
ただ少々デメリットもありまして、使用するアカウント情報に注意が必要なのと取り扱いがある自治体が他のふるさと納税サイトに比べ少ない
などがあげられます。
このようなメリット・デメリットを理解した上で楽天ふるさと納税を使えばきっとお得な納税が行えると思いますので、もう少しだけ詳しく説明いたします。

メリット

ポイントサービスがある!

これは、楽天ならではの大きなメリットではないでしょうか?
普段のお買い物のように返礼品を選べて、
溜まったスーパーポイントを寄付金の支払いに充てることができるので
お得にふるさと納税ができちゃうのはやっぱりすごいですよね!

楽天会員情報が利用可能!

他のサイトでふるさと納税をしようと思ったら新しくアカウントを作る必要があります。
しかし普段、楽天市場でネットショッピングされている方であればアカウントはそのままご使用できます!
いつものお買い物のようにふるさと納税までできるのは大手ならではでしょう。

ただ、注意しておきたいのが住民票に記載されている氏名と住所が
注文内容を確認する画面で表示される注文者情報が一致していなければなりません。
ここがやはり『納税』と『お買い物』の違いですので、ここはあらかじめ確認しておきましょう。

デメリット

選べる自治体が少ない

ポイントが使えたりスーパーセール対象だったりと便利な楽天ふるさと納税ですが、
ふるさとチョイスなどと比べると選べる自治体がやや少ないです。
他のサイトでいいなと思っていた返礼品が楽天ではないというのは、ちょっと辛いですね・・・。
ただ、年々選べる自治体や返礼品も増えていますから、今後に期待することにしましょう!

アカウント管理に注意が必要

いつも買い物する方だからこその注意点なのですが、
納税を行うアカウントは控除を受ける方のアカウントでなければならないということです。

例えば、ネットに強い息子さんのアカウントを普段の買い物でしていたとします。
もし、その息子さんがアルバイトで収入が一定金額を満たなかった場合、所得税や住民税が納税されていない可能性があります。
すると、ふるさと納税は所得税や住民税からの控除になるので恩恵を受けられないことになります。

このようなことが起きる可能性もあるので、アカウントには注意して恩恵が受けられるようにしておきましょう。

まとめ

楽天ふるさと納税はやはり楽天スーパーポイントが使えるのが
もっとも魅力的な部分ではないでしょうか?
溜まったポイントを普段の買い物に使うもよし、ふるさと納税でお得に返礼品を受け取るもよし。
そんな、使い方ができるのは楽天だけです!
ふるさと納税をこれから始めようと考えられてる方にはぜひ一度一考していただきたいサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です